もうマンネリと言わせない!日々の献立に悩まなくなるメニュー作りのアイデアを大公開

>

献立作りのお悩み解消!マンネリを打破するアイデアを学ぼう!

この記事をシェアする

マンネリ料理と言われない為の献立の立て方

マンネリ料理と言われない献立作りには、ちょっとしたコツがあります。
1、1週間以内は同じ献立にしない
少なくとも前日と同じメニューにするのだけは、避けましょう。
連日同じ料理が続くと、たとえ美味しい料理だったとしても、マンネリだと思われる可能性が高いです。
2、主食、主菜、副菜のバランスを考える
同じ材料を使っても、料理法を変えればいいというものではありません。
例えば、玉ねぎと豚のしょうが焼きに、玉ねぎのサラダ、玉ねぎの味噌汁が出されたら、あなたはどう感じるでしょうか?
せっかく手間ひまかけて料理を作ったのに、工夫がない、マンネリという印象を与えてしまいます。
多少、食材が重なることはかまいませんが、なるべく同じ食材を使っていると感じさせないような献立作りを心がけましょう。

調理法別に考えてバリエーションを増やす

メニューのバリエーションを増やすのに役立つのが、メイン料理を決める時に、「調理法別に考える」やり方です。
調理には次のような方法があります。
1、生のまま食べる(お刺身などが代表的です)
2、焼く、炒める(中華料理などに多いです)
3、煮る(和食の煮物など)
4、揚げる
5、蒸す、ゆでる(シュウマイなどの他、野菜そのものを蒸すこともあります)
このように5パターンも調理法があります。
そのため、たとえ同じ食材を使ったとしても、5パターンの調理法を使い分ければ、マンネリ料理と言われることがなくなります。
調理法が変われば、味付けもそれに従って変わってきます。
食材も、たとえば肉一つとっても、豚肉、牛肉、鶏肉、ひき肉など種類を変えれば、組み合わせは無限大。
ぜひ、献立に悩んだ時は、どの調理法にするかで考えてみるのも、一つの方法です。